戸塚 忠春(とつか ただはる、生年不詳 - 天文23年(1554年))は、戦国時代武士西郷局の父。妻は於さい。通称五郎大夫

略歴編集

遠江国静岡県掛川市)上西郷(溝江)の住人で、今川氏に仕えた西郷十八士の一人。天文23年(1554年)大森の戦で戦死[1]。次男に永伝(法泉寺七世心翁)がいる。

脚注編集

  1. ^ 直虎放送前の予備知識”. 掛川市. 2022年9月8日閲覧。

外部リンク編集