メインメニューを開く

抜苦与楽

抜苦与楽(ばっくよらく)とは、菩薩衆生の苦しみを抜いて福楽を与えることをいう。

  • 抜苦(苦を抜く)とは、をあらわし、
  • 与楽(楽を与える)とは、をあらわす。

ただし、慈・悲を反対に配当する見解もある。

大智度論27には「大慈与一切衆生楽、大悲抜一切衆生苦」とある。仏教の基本的な考え方として、この世の苦しみを解除して、至福の境地に至ることが挙げられるが、これは「厭離穢土・欣求浄土」という言葉とともに、仏教の基本的理念を端的に現したものである。

また、獄苦代受とも併用して使われることが多い。

関連項目編集