拝金主義(はいきんしゅぎ、英:money worship)とは、金銭を無上のものとして崇拝すること。拝金主義者を批難する言葉として「守銭奴」であるとか、「金の亡者」がある。また、「経済至上主義者」とは必ずしも一致しない。

前近代から批判される傾向にあり、西晋の風刺文学『銭神論』(3世紀末)が挙げられる(郭彰も参照)。

関連項目編集