拳銃の罠』(けんじゅうのわな、The Trap)は1959年アメリカ合衆国映画。出演はリチャード・ウィドマークリー・J・コッブなど[2]

拳銃の罠
The Trap
監督 ノーマン・パナマ
脚本 ノーマン・パナマ
リチャード・アラン・シモンズ
製作 ノーマン・パナマ
メルヴィン・フランク
出演者 リチャード・ウィドマーク
音楽 アーヴィン・タルボット
撮影 ダニエル・ファップ
編集 エヴェレット・ダグラス
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年1月28日
日本の旗 1959年2月5日
上映時間 81分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 110万ドル[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

犯罪組織のボス、ヴィクター・マソネッティは顧問弁護士ラルフ・アンダースンに命じて、高飛びの手配をさせる。

一方、ラルフの弟である保安官補佐のティッピーは、ラルフの元恋人で今は彼の妻であるリンダとよりを戻すための資金欲しさから、マソネッティを逮捕しようとする。 銃撃戦の末、マソネッティは逮捕される。そこへマソネッティの子分デイヴィスが襲いかかり、おまけにリンダ迄人質に取られる。

ラルフたちが脅し返したことでリンダは解放されるが、今度はラルフ、ティッピー、リンダそして、マソネッティ4人が一つの空き家で過ごす羽目になる。マソネッティはラルフに発砲するが、ティッピーが身代わりとなる。そして、追跡戦の末、マソネッティの高飛びは失敗に終わる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(テレビ版・初回放送1970年9月30日 東京12ch

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ "1959: Probable Domestic Take", Variety, 6 January 1960 p 34
  2. ^ The Trap - IMDb(英語)

外部リンク編集