メインメニューを開く

掃除衛星とは軌道上のスペースデブリを除去するための人工衛星

概要編集

近年、軌道上のスペースデブリの増加に伴い、ケスラーシンドロームの懸念が増えつつある。低軌道であれば大気との摩擦により落下が期待できるが、太陽同期軌道のような高度では落下に時間がかかるため、スペースデブリの増加量が減少量を上回ることが予想されるため、スペースデブリに導電性テザーを取り付け、ローレンツ力によりデブリの速度を低下、落下させるテザー推進などの手法を用いて不要になった人工衛星の落下を早めることが検討される[1]

出典編集

参考文献編集

  • 木部勢至朗「宇宙環境安全・利用技術の研究: 軌道上の宇宙ゴミを掃除する技術の研究」『なる』第463巻、航空宇宙技術研究所調布市、1997年11月、 ISSN 13431013OCLC 852444217