メインメニューを開く
ペルーのケチュア族の踏み鋤・チャキタクリャ(愛知県犬山市・リトルワールド
踏み鋤を用いるアイヌの女性

踏み鋤踏鋤)とは、土を掘り返すための刃先を、柄と同じ方向に取り付けた農具

目次

概説編集

歴史編集

踏み鋤は掘棒から発達してきた農具と考えられている。

農業は約1万5千年前に東南アジアで始まったイモ作農業に起源があるとされる[1]。農業が始まった当時の農具は掘棒とだけであったが[1]、鍬が農業の開始とともに出現したのに対し、掘棒は農業が始まる以前の採集や狩猟の時代から使用されていた道具である[2]

掘棒は農具の発達とともに踏み鋤やシャベルに発達した[3]

構造編集

一般のが柄と直角に刃先が交わるのに対して、踏み鋤は、体重を柄にかけて、斜め方向から地面に差し込むようにして利用し、梃子の原理で土を掘り起こす農具である。そのため、刃先は柄の先端に水平方向に取り付けられ、足を掛ける部分が柄に直角に取り付けられることが多い。踏み鋤は、前進しながら用いるものと、後退しながら用いるものとあり、種子を撒く人や土を砕く人などと組んで利用されることが多い。

各地の踏み鋤編集

日本東アジアはもとより、東南アジア南米アフリカなど世界各地に分布している。

アンデス地域の踏み鋤は有名で、現在でもペルーボリヴィアの山間部で、斜面を耕作するのに利用されている。アンデスでは、踏み鋤をケチュア語でチャキタクリャアイマラ語でウイスあるいはイウソという。

脚注編集

  1. ^ a b 飯沼二郎、堀尾尚志『農具』法政大学出版局、1976年、5頁。
  2. ^ 飯沼二郎、堀尾尚志『農具』法政大学出版局、1976年、5-6頁。
  3. ^ 飯沼二郎、堀尾尚志『農具』法政大学出版局、1976年、7頁。