採物(とりもの)は、神事神楽において巫女神楽などが手に取り持つ道具。

古今和歌集』の「大歌所御歌」には杓(ひさご)の4種が記され、更に神楽歌の中にはこれに加えて幣(みてぐら)の5種が加えられて計9種類とされている。一説には杓と葛は元は一物(「杓葛」)であったとする説もある。

折口信夫は手に持って振り回すことで神を鎮める「鎮魂」の意味があったという説を立てている。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集