描く手

M. C. エッシャーによるリトグラフ

描く手(えがくて、英語: Drawing Hands)は、オランダの画家マウリッツ・エッシャーによるリトグラフ作品で、1948年1月に初めて印刷された。

『描く手』
画像外部リンク
描く手
作者マウリッツ・エッシャー
製作年1948年 (1948)
寸法28.2 cm × 33.2 cm (11.1 in × 13.1 in)
ウェブサイト[gallery_image_1/32 Official website]

絵の中には1枚の紙が描かれており、2つの手がその紙に絵を描いている。しかし、その描いている絵は、相手の腕の部分である。すなわち、手を描いている手自体が、自分が描いている他方の手によって描かれたものであるという、自己言及的なパラドックスとなっている。これは、エッシャーによるパラドックスの使用の最も明白な例の一つである。

この絵は、ダグラス・ホフスタッターの著書『ゲーデル、エッシャー、バッハ』の中で不思議の環の例として挙げられている。また、ハル・アベルソンジェラルド・ジェイ・サスマンらの『計算機プログラムの構造と解釈』では、プログラミング言語インタプリタにおける、eval関数とapply英語版関数の相互作用の寓話として使用されている。

『描く手』は、様々なアーティストたちによって様々な方法で模写されてきた。例えば、ロボットの手がお互いを構築し合ったり[1]、人間の手とロボットの手がお互いに絵を描いたり[2]するのが一般的なオマージュである。ギークトランスヒューマニズムの文化では、ロボットによる『描く手』の複製が時折制作されている[3]

脚注編集

  1. ^ hygglobert (21 June 2011). Escher Robot Hands. Escher Remastered. FreakingNews (Digital illustration). 2018年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月28日閲覧
  2. ^ Rockhill, W. Morgan. Digital Photographic recreation of M. C. Escher drawing, robotic hands. Concept Photography (Photograph). Morgan Rockhill PhotoDigital. 2018年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月28日閲覧
  3. ^ Willis, Shane (12 October 2007). Hand Fixing Hand. Photo.net (Photograph). 2016年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月28日閲覧
    'Hand Fixing Hand', A Futuristic Take On M.C. Escher's Iconic 'Drawing Hands'”. Geekologie. Anticlown Media (2012年11月1日). 2018年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月28日閲覧。

参考文献編集