放散痛(ほうさんつう、radiating pain)とは、関連痛のうち、病気の原因部位とまったくかけ離れた部位に現れる痛みのこと。例えば、内臓疾患によって腰痛や肩の痛みが出たり、心筋梗塞など心臓の病気により、肩や背中、歯などに痛みが現れることがある[1][2]

脚注 編集

  1. ^ 【】心臓から離れた場所が痛む狭心症の「関連痛(放散痛)」 症状や部位、原因とは”. kenko.scms.dev.nhk.jp. 2020年7月17日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 生活習慣病用語辞典,世界大百科事典内言及. “放散痛(ほうさんつう)とは”. コトバンク. 2020年7月17日閲覧。