救世主顕栄教会 (ヴェルィーキ・ソローチンツィ)

救世主顕栄教会ウクライナ語: Спасо-Преображенська церква)は、ウクライナポルタヴァ州ムィールホロド地区ヴェルィーキ・ソローチンツィ村に位置する正教会教会である。主イエスの変容主の顕栄祭)を記憶する。ウクライナ・バロックの代表的な建築の一つ。国重要文化財。

救世主顕栄教会

概要編集

1732年に、コサック国家頭領ダヌィーロ・アポーストルの命と資金により、アポーストル家廟所として、頭領の生まれ故郷ムィールホロド連隊ソローチンツィ村に建立された。建築家を務めたのは修道士ステパーン・コウニールであった。2年後、この教会ではダヌィーロ・アポーストルの遺体が葬られた。

1809年には、この教会において幼いムィコーラ・ホーホリ洗礼を受けた。

当初、教会は9つのドームを有していたが、1811年落雷によって一部が焼失した。その後、7つのドームを持つ教会として復元された。

現在、教会はウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)に属している。教会内には18世紀前半の113のイコンからなる貴重な聖障が安置されている。

関連項目編集

外部リンク編集