三成聖者大司祭首(さんせいせいしゃだいしさいしゅ)のイコン。カイサリアのバシレイオス(聖大ワシリイ)、ヨアンネス・クリュソストモス(金口イオアン)、ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ)。
ヒッポのアウグスティヌス

教父(きょうふ、ギリシア語: Εκκλησιαστικοί Πατέρεςラテン語: Patres Ecclesiaeドイツ語: Kirchenväter英語: Church Fathers)とはキリスト教用語で古代から中世初期、2世紀から8世紀ごろまでのキリスト教著述家のうち、とくに正統信仰の著述を行い、自らも聖なる生涯を送ったと歴史の中で認められてきた人々をいう。

正教会聖師父(せいしふ)にほぼ相当するが、聖師父は教父より時代的に広い範囲、すなわち、古代から近現代の正教会思想家にも適用される。なお、「聖師父」の語と概念は稀にカトリック教会関連の出版物にも見られ、正教会特有の概念ではない。

これとは異なる言葉の訳語としての用例(#その他の用例)もあるが、本項では上述した正統信仰の著述を残した人々について詳述する。

目次

概念編集

多く聖人と看做されている人が多い。正統信仰の確立に寄与した著述家を呼ぶため、ネストリオス(ネストリウス)やアリウス(アレイオス)といった異端として排除された著述家たちは、この時代の人であっても一般に教父とはみなされない。いっぽうで、その言説の一部が否定されて後世に聖人とはされなかった著述家には、テルトゥリアヌスオリゲネスなどのように、教父として重んじられたものもある。

教父(聖師父)というカテゴリーには新約聖書の著者たちは含まれない。最初の教父たちは、イエスの弟子である使徒たちから直接教えを受けた人々であり、彼らを「使徒教父」ないし「使徒的教父」という。使徒教父の次の世代で、ギリシア哲学の知識によってキリスト教批判者と論争し、正統信仰の確立に貢献した人々を「護教教父」という。また、著述がラテン語ギリシア語かによってそれぞれ「ラテン教父」「ギリシア教父」という分類がされることもある。教父のなかにはシリア語など、ラテン語・ギリシア語以外の言語で著述を行うものもあったが、その数はあまり多くない。

教父は東西教会の分裂に到る以前の著述家であるため、教父思想とその研究は、教派を超えたキリスト教共通の思想財の研究であるともいえる。とりわけ、ニカイア・コンスタンティノポリス信条(381年)成立前後までの教父の著述については、現存する全キリスト教教派に共通する思想財であるといえる。教父の研究を行う学問を教父学(聖師父学)という。

著名な教父編集

主なギリシア教父編集

カッコ内は日本正教会での呼称。

主なラテン教父編集

主なシリア教父編集

オリエンタル教父編集

砂漠の師父・師母編集

師父
師母

その他の用例編集

以下の用例は、別概念・別語源の言葉に対応する訳語であり、上述の"ラテン語: Patres Ecclesiae"に対応する語ではない。

カトリック教会典礼の中では、現役教皇を「私たちの教父」と呼ぶ慣習があるが、これはラテン語: Papa nostro の訳、すなわち"Papa"「教皇」の異訳である[9]。明治期のカトリック教会でも、"Papa"「教皇」の訳語として「教父」を用いた用例が見られる[10]

また、カトリック教会では公会議の参加者を「公会議教父」(ラテン語: patres concilii) 、「諸教父」等と呼ぶ用例もある[11]

聖公会では、他教派の代父母に当たるものとして教父母があり、教父母のうち男性を教父ラテン語: patrinus, 英語: godfatherに対応)と呼ぶ(女性は教母[12]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ ~教父学の泰斗ドム・オリヴィエ・ルッソー(1984年没)の言を借りるならば、-シリア教会はキリスト単性論に傾いたとはいえ、そこにはすばらしい過去と、目を見張るような神学がある。その教会の学者たちは、キリスト論においては誤っていたとしても、それ以外の信仰上の問題では、概して中立の立場をとっており、サルーグのヤコブの詩的作品の一断片である「モーセの顔の覆い」は神学上のあらゆる論争の埒(らち)外にある。この説教には、キリスト教会の一体に関する教父学的著作の粋ともいうべき美しい節々がみられる。-~稗田操子 「モーセの顔の覆い」について、37頁、『エイコーン』第5号、1991年2月10日、新世社。

出典編集

  1. ^ 小高毅 編 『原典 古代キリスト教思想史 1 初期キリスト教思想家』 教文館。131-134頁。
  2. ^ レオ1世 著、熊谷賢二 訳 『キリストの神秘-説教全集-』 創文社、初版1965年。12-14頁。
  3. ^ a b PDF 「シリア語文学:諸文化の十字路」 セバスチャン・ブロック著、石渡 巧 訳。2017年6月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e オリエントの歴史と文化-古代学の形成と展開-筑波大学附属図書館。59頁。
  5. ^ アロイジオ・デルコル『聖エフレム伝』愛心館、初版、1993年6月1日。72-73頁。
  6. ^ 生存年代は英語版より記載
  7. ^ G・マキャベッリ、D・ビアンコ編、佐藤三夫 訳 『古典の祈り』 中央出版社、1979年1月15日初版。14-15頁、138-139頁。
  8. ^ 『大聖マカリオスの言行録』 稗田操子 訳、中央出版社、1985年7月25日。50頁。
  9. ^ 第一奉献文(ローマ典文) ミサ式次第 カトリック宇部教会
  10. ^ 『公教会祈祷文』 明治42年 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/899649
  11. ^ 第2バチカン公会議の流れ 第2バチカン公会議から50年 Laudate 女子パウロ会
  12. ^ 『日本聖公会 祈祷書』272頁、日本聖公会、1991年6月20日 第一版

参考文献編集

  • 小高毅 編 『原典 古代キリスト教思想史 1 初期キリスト教思想家』 教文館、1999年6月10日。ISBN 4764271850
  • レオ1世 著、熊谷賢二 訳 『キリストの神秘-説教全集-』 創文社、初版1965年。ISBN 4423392054
  • 稗田操子 訳 『大聖マカリオスの言行録』 中央出版社、1985年。ISBN 4805656026

関連項目編集

外部リンク編集