メインメニューを開く

料理通信』(りょうりつうしん)は日本のグルメ雑誌。株式会社アマナの連結子会社[2]である、株式会社料理通信社が発行している月刊誌。毎月6日発売[3]

株式会社料理通信社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0022
東京都新宿区新宿一丁目28番3号
代表者 代表取締役 上原 理絵
資本金 9500万円
純利益 ▲569万4000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 1億3127万9000円(2018年12月31日時点)[1]
決算期 12月31日
主要株主 株式会社アマナ
テンプレートを表示

料理通信社の設立は2005年11月[4]。『料理王国』という食に関する雑誌の編集を担当していた君島佐和子をはじめ9人が独立して立ち上げた。定期購読者のみの特典である創刊ゼロ号の特集はフランス料理の分野からアラン・デュカスピエール・ガニエール、イタリア料理からはピエモンテに関する記事など十分な評価を得られる内容となった。2006年2月20日、パークハイアット東京において行われた創刊のプレゼンでは“Eating with Creativity”をキーワードとして挙げ、ともすれば漫然と行いがちな「食べる」という行為に主体的にかかわる手がかりを紹介したいという趣旨の発表を行った。2011年10月、アマナの子会社となり現在へ至る[2]

出典編集

  1. ^ a b 株式会社料理通信社 第14期決算公告
  2. ^ a b 沿革”. アマナ. 2017年8月14日閲覧。
  3. ^ 発売日情報”. 雑誌データ.com. 2017年8月14日閲覧。
  4. ^ 会社概要”. 料理通信社. 2017年8月14日閲覧。

本文中、脚注にて特記ない箇所は下記参考文献による。

外部リンク編集