新国際百科事典

アメリカ合衆国の百科事典。1902年に初版を刊行

新国際百科事典』(しんこくさいひゃっかじてん、The New International Encyclopedia)は、1902年にアメリカ合衆国ドッド=ミード社英語版社から出版された百科事典である。

歴史編集

 
初版の第8巻

『新国際百科事典』は、1884年の『国際百科事典』(International Cyclopaedia)の後継となる百科事典である。当初、『国際百科事典』は、イギリスの『チェンバーズ百科事典』のアメリカ版であるオールデンの"Library of Universal Knowledge"を元に作成していた。1902年、ハリー・サーストン・ペック英語版ダニエル・コイト・ギルマン英語版フランク・ムーア・コルビー英語版の3人が編集者となり、『新国際百科事典』と改題された[1]

この百科事典は人気となり、1904年、1905年、1907年(修正・増補して20巻)、1909年、1911年に再版が行われた。第2版は1914年から1917年にかけて全24巻で刊行された。ペックとギルマンが亡くなった後、タルコット・ウィリアムス英語版が新しい編集者として加わった[1]。第2版は新しい活字で組まれ、徹底的に改訂された。人物伝に強いのが特徴である[2]

1923年に第3版が第24巻で出版されたが、内容はほぼ第2版のままであり、それまでの読書・学習ガイドに変わって第一次世界大戦の歴史が追加されている。1925年には2巻の付録が出版され、1927年の再版時には付録が組み込まれて全25巻となった。1930年の再版時には2巻の追補版が追加されている[3]

この百科事典の版権は1931年にファンク・アンド・ワグネル英語版社に売却され、同社が1935年に発行したものが最終版となった。この版には、ハーバート・トレッドウェル・ウェイドが執筆した補足資料が含まれていた。その後、『新国際百科事典』の内容は、その一部がファンク・アンド・ワグネル社が出版する"Funk & Wagnalls Standard Encyclopaedia"などの書籍に取り入れられた[3]

当時の他の百科事典と同様に、『新国際百科事典』には1908年から『新国際年鑑』(The New International Yearbook)という年刊の付録がついていた。この年鑑の版権も、百科事典と同様に1931年にファンク・アンド・ワグネル社に売却された。年鑑は、当初はフランク・ムーア・コルビーが編集し、1925年にコルビーが亡くなった後はハーバート・トレッドウェル・ウェイドが引き継いだ。1937年からはフランク・ホレス・ヴィゼテリーが編集者となった[3]。この年鑑は百科事典が廃刊となった後も生き残り、1966年まで刊行された[4]

『新国際百科事典』には500人以上が寄稿していた。

編集

Gilman, Daniel Coit; Peck, Harry Thurston; Colby, Frank Moore, eds (1905). The New International Encyclopædia. New York: Dodd, Mead and Co. 
Internet Archive Wikisource(不完全) 発行年 最初の単語  –  最後の単語 備考
1 初版 IA 1 WS 1 1905 A  –  Aristogoras
2 初版 IA 2 WS 2 1905 Aristarchus  –  Bessières
3 初版 IA 3 WS 3 1905 Bessus  –  Cairns
4 初版 IA 4 WS 4 1905 Cairo  –  Classification of Ships
5 初版 IA 5 WS 5 1905 Classis  –  Da Vinci
6 初版 IA 6 WS 6 1905 Davioud  –  Ellery
7 初版 IA 7 WS 7 1905 Ellesmere  –  Fontanel
8 初版 利用不可 WS 8 1903 Fontanes  –  Goethe 代替
Google Books:
  • GB 8 (this volume is not universally accessible).

1903 edition, from the Ontario Council of University Libraries digitized in 2009, in the Internet Archive:

9 初版 IA 9 WS 9 1905 Goethite  –  Heritable Jurisdictions
10 初版 IA 10 WS 10 1905 Herjulfson  –  Ishpeming
11 初版 IA 11 WS 11 1905 Ishtar  –  Latitudinarians
12 初版 IA 12 WS 12 1905 Latium  –  Manna
13 初版 IA 13 WS 13 1905 Manna-Croup  –  Morganitic Marriage
14 初版 IA 14 WS 14 1905 Morgan City  –  Omul
15 初版 IA 15 WS 15 1905 Ona  –  Pickering The Internet Archive edition is missing pp. 6-7, but see the 1906 volume for the first edition at Google Books, which appears to be about the same thing, and does have these pages.
16 初版 IA 16 WS 16 1905 Pickersgill  –  Reid
17 初版 IA 17 WS 17 1905 Reifferscheid  –  Servian Wall
18 初版 IA 18 WS 18 1905 Service-berry  –  Tagus
19 初版 IA 19 WS 19 1905 Taharka  –  Vampire
20 初版 IA 20 WS 20 1905 Van  –  Zyrians
New International Encyclopedia
発行年 著作権表示の年 最初の単語  –  最後の単語
Volume 3 第2版 1928 [1924] Bazaine  –  Brock
Volume 4 第2版 1928 [1924] Brockelmann  –  Chaeremon
Volume 5 第2版 1914 Chæronia  –  Consuelo
Volume 6 第2版 1928 Consul  –  Didymograptus
Volume 8 第2版 [1922] Enteritis  –  Foraker
Volume 10 第2版 1928 [1922] Glacial  –  Havre de Grace
Volume 12 第2版 1915 Imaginary  –  Jouy
Volume 13 第2版 1915 [1915] Jovanovich  –  Leprohon
Volume 17 第2版 1916 Newfoundland  –  Panjab
Volume 18 第2版 1916 Panjabi  –  Poliziano
Volume 19 第2版 1916 [1916] Polk  –  Rigging
Volume 20 第2版 1916 [1916] Riggs  –  Shilluck
Volume 21 第2版 1916 Shiloh  –  Tarsus
Volume 22 第2版 1916 Tartaglia  –  Valiant
Volume 24 補遺 1930 1930 Abbe  –  Lyons
Volume 25 補遺 1930 [1930] Municipal  –  Zweig

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b Walsh 1968, p. 120.
  2. ^ “Encyclopedias”. The Encyclopedia Americana. 10. (1988). p. 333 
  3. ^ a b c Walsh 1968, p. 121.
  4. ^ The New International Yearbook: a compendium of the world's progress for the year

情報源編集

  • Walsh, S. P. (1968). Anglo-American general encyclopedias: a historical bibliography, 1703–1967. New York, NY: Bowker. OCLC 577541