新川 健三郎(しんかわ けんざぶろう、1937年5月3日 - 2016年7月1日)は、アメリカ史学者、東京大学名誉教授

来歴編集

東京出身。1960年東京大学教養学部教養学科アメリカ分科卒業、63年同大学院社会学研究科国際関係論修士課程修了、1963年東京大学教養学部助手、1966年辞職、米国メリーランド大学留学、1968年同大学院で博士号取得、東京女子大学短大専任講師、1971年東京大学教養学部助教授、1986年教授、1998年定年退官、名誉教授、フェリス女学院大学教授。2000年から2年間アメリカ学会会長。叙従四位瑞宝小綬章追贈。[1]

著書編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『ドキュメント現代史(5)大恐慌とニューデイール』(平凡社, 1973年)

共編著編集

訳書編集

  • デクスター・パーキンス『ニュー・ディール』(時事通信社[時事新書], 1963年)
  • ガルブレイス『経済学・平和・人物論』(河出書房新社, 1972年)
  • ダニエル・J・ブアスティン『アメリカ人――大量消費社会の生活と文化(上・下)』(河出書房新社, 1976年)
  • W・P・メツガー『学問の自由の歴史(2)ユニバーシティの時代』(東京大学出版会, 1980年)

脚注編集

  1. ^ 『官報』6835号、平成28年8月10日