メインメニューを開く
新庄厚信

新庄 厚信(しんじょう あつのぶ、天保5年4月17日1834年5月25日[1] - 明治36年(1903年3月8日[2])は、岡山県権令岡山市長。通称は作右衛門、久左衛門。号は載庵[2]

経歴編集

岡山藩士奥坊主・友野久悦の二男として生まれ、同藩士新庄直虎の養子となった[2]尊王攘夷運動が盛んになると、諸藩の志士と交わった。1864年元治元年)の禁門の変の際には、藩命を奉じて長州藩に赴き、藩主毛利敬親の入京を思いとどまらせた。その後、幕府が長州征討をおこすと、岡山藩の外交掛として斡旋に努めた。

1868年明治元年)、徴士権弁事となり、翌年に柏崎県権知事となった。1871年(明治4年)に岡山県参事となり、1873年(明治6年)には岡山県権令となった。同年職を辞すが、1874年(明治7年)に置賜県権令に任命され、五等判事を兼ねた。しかし1876年(明治9年)、置賜県の廃止とともに官を辞した。同年、国立銀行条例が制定されると、士族の生活安定のため、岡山に第二十二国立銀行を創設し、頭取となった。岡山紡績所の設立にも尽力[1]

その後、1989年、市町村制が施行されると、岡山市会議員、市参事会員に選出された[1]。さらに1890年(明治23年)には岡山市長に選出され、水害対策や教育事業に尽力した[3]

脚注編集

  1. ^ a b c 『岡山県歴史人物事典』537頁。
  2. ^ a b c 『幕末維新大人名事典 上巻』671頁。
  3. ^ 新庄厚信特旨叙位ノ件(国立公文書館 アジア歴史資料センター)

参考文献編集

  • 『岡山市史 第五』岡山市役所、1938年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典 上巻』新人物往来社、2010年。
  • 『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社、1994年。


公職
先代:
不在
柏崎県権知事
1869年-1871年
次代:
不在
先代:
関義臣
置賜県権令
1874年-1876年
次代:
廃止