新日本主義(しんにほんしゅぎ/しんにっぽんしゅぎ)は、思想の一種。

概要編集

日本では、1933年以降増加した日本精神論や日本主義を説く図書と論説に対抗して、自らを運動の正当性を主張するために明倫会が「新日本主義」という名称を用いて、大衆の受け皿となろうとした[1]

芸術の分野では、1930年に設立された独立美術協会において、児島善三郎が主導権を握る形で、日本画の画材を油彩画に混ぜて使ったり、主観的・表現主義的な具象絵画を描いたり、日本風のモチーフを追求したりするなどの発展を見せ、これを「新日本主義」という[2][3]。他に新日本主義の画家として川口軌外や福沢一郎などの名前が挙げられる[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 昭和戦前期“二流紙”の日本主義化 プロセス® 『大阪時事新報』を例に”. 2021年7月17日閲覧。
  2. ^ 独立美術協会|現代美術用語辞典2.0”. 2021年7月17日閲覧。
  3. ^ 「満洲美術」 研究: 交差する満洲イメージの検証 [要旨]. 
  4. ^ 1930年代における「日本絵画の成熟」について”. 三重県立美術館. 2021年7月17日閲覧。