新田 政盛(にいだ まさもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将南部氏の家臣。

 
新田政盛
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文16年(1547年
死没 慶長8年(1603年
主君 南部信直
父母 新田行政
兄弟 八戸政栄政盛
政広
テンプレートを表示

略歴編集

天文16年(1547年)、新田行政の子として誕生。

父・行政が南部晴政と共に本家である八戸氏(根城南部氏)を倒した後、政盛の兄・政栄が八戸氏(根城南部氏)を継いだため、政盛が実家の新田家を継いだ。その後は兄と共に南部信直擁立、九戸政実討伐に参加して、八戸氏[1]の重臣となった。

慶長8年(1603年)、死去。

脚注編集

  1. ^ 八戸政栄の子孫、盛岡藩主南部利直の命により遠野へ知行替の後、遠野南部氏ともいう。