新竹市立ガラス工芸博物館

新竹市立ガラス工芸博物館(しんちくしりつがらすこうげいはくぶつかん、略称:玻工館)は台湾新竹市東区に位置する博物館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 新竹市立ガラス工芸博物館
Glass Museum of Hsinchu City

新竹市立玻璃工藝博物館
新竹市立玻璃工藝博物館.jpg
内装
施設情報
専門分野 博物館
開館 1999年12月18日 (1999-12-18)
所在地 中華民国の旗 台湾 新竹市東区東大路1段2号
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
旧新竹州自治会館
中華民国(台湾)文化資産


登録名称原新竹州自治會館
種類集会堂
等級歴史建築
文化資産登録
公告時期
2017年9月6日
建設年代大日本帝国の旗 昭和11年(1936年
詳細登録資料

概要編集

建造物は1936年、当時日本の建築家手島誠吾により設計され、日本の皇族および高官が台湾を視察する際の滞在及び各種式典を開催する新竹州自治会館として建築された[1]

戦後は接收委員会が設置され、その後は米軍顧問団中国語版(MAAG)の進駐所や憲兵詰所と変遷したが[1]1999年12月18日、季鉄男及び陳国寧教授が共同設計を立案し、産業振興を目的とした非営利組織、観光業との複合的発展を目的とした博物館としてオープンした[1]。2017年には市政府により文化資産(歴史建築)登録が決定された[2]

 
戦前の自治会館

脚注編集

外部リンク編集