於山の方(おやまのかた、天正15年(1587年) - 寛文8年8月24日1668年9月30日))は、伊達政宗の側室。伊達家家臣で柴田郡船岡邑主の四保宗義(しのおむねよし、後に柴田宗義と改称)の娘で本名は睦子。柴田氏あるいは於山方または阿山方と称す。

生涯編集

天正15年(1587年)、四保宗義の娘として柴田郡四保城(船岡城)に生まれる。のち伊達政宗の側室となる。

慶長8年(1603年)、伊達家江戸屋敷で政宗の6男(第7御子)・吉松丸(のちの宗信)を産む 。

慶長12年(1607年)、仙台城で政宗の7男(第8御子)・長松丸(のちの宗高)を産む。

慶長13年(1608年)、仙台城で政宗の第2息女(第9御子)牟宇姫を産む。牟宇姫は元和5年(1619年)に伊達家一門筆頭の石川宗敬(伊具郡角田要害主)に嫁ぐ。

寛永13年(1636年)、伊達政宗の没後、於山の方は仙台城を出て、牟宇姫の嫁ぎ先の伊具郡角田邑に移った。牟宇姫は母のために御堂を建て、於山の方はここで余生を過ごした。この建物は八竜性院と号したが、明暦元年(1655年)改築し、妙安寺[1]と号した。

寛文8年(1668年)8月24日、伊具郡角田邑にて没す。享年82。法名は天渓院。墓所は宮城県角田市の長泉寺。

参考文献編集

  • 宮城県史
  • 伊達治家記録
  • 角田市史
  • 樫山巌「伊達家悲話」
  • 伊達真美「伊達家の風景」

脚注編集

  1. ^ 現在その妙安寺はなく、政宗の側室に相応しい石造りの大きな井戸が残っている