日乾(にっけん、永禄3年(1560年)- 寛永12年10月27日1635年12月6日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての日蓮宗若狭国の出身。字は孝順。寂照院と号した。紀伊国紀州藩徳川頼宣の帰依を受け、頼宣の援助により駿河国蓮永寺を再興している。

日乾像(能勢妙見山)

関連項目編集