日南市コミュニティバス

日南市コミュニティバス(にちなんしコミュニティバス)は、宮崎県日南市にて運行しているコミュニティバスである。

日南市コミュニティバスのバス停

自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送である。

概要編集

  • 料金は以下の通り(運行開始当時の情報)
    • 大人(高校生以上)200円、小人(小中学生)50円(南郷地区は100円)、未就学生は無料
  • 路線は、細田・隈谷地区、酒谷・吉野方地区、大牟礼・札之尾・上講(南郷)地区とに分かれている。
    • このうち、大牟礼・札之尾・上講(南郷)地区は、合併前の南郷町コミュニティバス「は~とふる」を引き継いだものである。
  • 細田・隈谷地区、酒谷・吉野方地区は、日曜日・祝日及び12月29日 - 1月3日運休。
    • 運行開始当時は、土曜日も運休だった。
  • 大牟礼、札之尾・上講(南郷)地区は、日曜日・祝日運休。

沿革編集

  • 2008年10月1日 - 細田・隈谷地区、酒谷・吉野方地区にて日南市コミュニティバス運行開始。
    • 同日 - 南郷町コミュニティバス「は~とふる」運行開始。
  • 2009年3月30日 - 南郷町の日南市との合併に伴い、南郷町コミュニティバスを日南市コミュニティバスに統合。
  • 2009年4月1日 - 旧日南市2地区の路線について、土曜日を運行日に変更。

路線編集

以下は運行開始当時の情報である。括弧内は不経由便あり。

細田・隈谷地区編集

以下2系統がある。

  • 日南駅 - 西弁分 - 隈谷 - 中隈谷 - (中部病院) - 下方 - 毛吉田 - (狭間) - 萩之嶺 - (坂ノ上) - 南平
  • 日南駅 - 西弁分 - 大木戸 - 中隈谷 - 隈谷 - 西弁分 - 日南駅
    • 日南駅→南平2便、南平→日南駅3便、下方 - 南平1往復、日南駅 - 大木戸 - 日南駅2便。

酒谷・吉野方地区編集

主に以下3系統がある。

  • 日南駅 - 飫肥待合所 - 種子田 - 西の園 - 鯛の子 - 酒谷小学校 - 酒谷中学校 - 坂元 - 新村
  • 日南駅 - 飫肥待合所 - 吉野方小学校 - 向田橋 - 鯛の子 - 酒谷小学校 - 酒谷中学校 - 坂元 - 新村
  • 日南駅 - 飫肥待合所 - 種子田 - 西の園 - 向田橋 - 吉野方小学校 - 飫肥待合所 - 日南駅
    • 日南→新村(種子田経由)1便、日南→新村(吉野方経由)1便、新村→日南(種子田経由)3便、日南→種子田→吉野方→日南1便。
  • 他に、坂元→酒谷小学校、種子田→酒谷中学校、向田橋→吉野方小学校、の各系統が朝1便ある。

大牟礼・札之尾・上講(南郷)地区編集

 
南郷町コミュニティバス当時のバス停

以下は南郷町コミュニティバス「は~とふる」として運行開始したときの情報だが、合併後も路線に変更は生じていない。

大牟礼 - 南郷駅 - 中部病院

  • ルートA:大牟礼 - 笹之久保 - 伊崎野 - 大迫 - 潟上神社 - 和田 - 小学校前 - 八幡神社入口 - 脇本 - Aコープ前 - 南郷駅
    • 2往復運行。うち1往復は月曜・水曜・金曜のみ運行。
  • ルートB:大牟礼 - 笹之久保 - 伊崎野 - 大迫 - 口ヶ野 - 原向 - 波平瀬 - 小学校前 - 八幡神社入口 - 脇本 - Aコープ前 - 南郷駅 - 百瀬病院 - 中部病院
    • 1往復運行。全便月曜・水曜・金曜のみ運行。

札之尾 - 南郷駅 - 中部病院

  • ルートC:上講 - 中講 - 下講 - 谷之口上 - 谷之口 - 上中村 - 南郷駅
    • 上講発の1便のみ運行。
  • ルートD:札之尾 - 榎原神社 - 上講 - 中講 - 下講 - 谷之口上 - 谷之口 - 津屋野上 - 津屋野下 - 上中村 - 南郷駅
    • 札之尾発1便、南郷駅発2便のみ運行。全便火曜・木曜・土曜のみ運行。
  • ルートE:札之尾 - 榎原神社 - 上講 - 中講 - 下講 - 谷之口上 - 谷之口 - 津屋野上 - 津屋野下 - 上中村 - 南郷駅 - 百瀬病院 - 中部病院
    • 1往復運行。全便火曜・木曜・土曜のみ運行。

車両編集

  • トヨタ・ハイエースが、各地区1台ずつ(計3台)使用されている。
  • 車両のカラーは、細田・隈谷地区の車両は全面オレンジ色に、酒谷・吉野方地区の車両は全面緑色になっている。
  • 各地区ごとに、愛称が付けられている。細田・隈谷地区は「つわぶき号」、酒谷・吉野方地区は「わかば号」、大牟礼・札之尾・上講(南郷)地区は「は~とふる号」。

外部リンク編集