メインメニューを開く
日原鍾乳洞
入口

日原鍾乳洞にっぱらしょうにゅうどうは、東京都西多摩郡奥多摩町日原1052にある鍾乳洞。総延長1270m、高低差134m。

東京都指定天然記念物で、規模は瀧谷洞と並び関東地方で最大級。かつては山岳信仰で栄え、現在は観光地となっている。年間を通して運営されているが、12月30日から1月3日は年末年始休業として、運営されていない。

入場料編集

2019年現在、日原保勝会が管理しており、以下の通りの入場料を徴収している。また、25人以上で訪れると団体料金が適用され、1人あたり100円割り引かれる。[1]

営業時間編集

  • 4/1~11/30 午前8時から午後5時
  • 12/1~3/31 午前8時30分から午後4時30分

交通編集

  • JR青梅線奥多摩駅から路線バスで約30分、「日原鍾乳洞」下車。ただし、休日はバスが手前の東日原ひがしにっぱら止まりとなるので、東日原バス停から徒歩約20分。
  • 当地までの道路である都道204号線は、狭隘道路である為、落石等に充分注意が必要である。また、休日は駐車場が満車[要出典]
  • 2014年5月、洞入口より先ががけ崩れにより通行止めとなり、洞入口よりも先にある大型駐車場が使用出来なかった。使用可能な洞入口至近の駐車場は30台程度であったため、2km下流の臨時駐車場が代替で用意されていた。しかし、2018年10月1日には通行止めが解除されたため、2014年5月以前と同様に駐車場が使用可能となった。[1]

周辺編集

入口付近には一石山神社がある。日原集落には奥多摩町営の森林館があり、この地域の樹木の資料館になっている。

また、近隣には日原ふるさと美術館や倉沢のヒノキがある。

脚注編集

  1. ^ a b 日原鍾乳洞”. 日原保勝会. 2019年7月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集