日本の路地を旅する

日本の路地を旅する』(にほんのろじをたびする)は、ノンフィクション作家上原善広の著書[1]大宅壮一ノンフィクション賞受賞作[1]

日本の路地を旅する
作者 上原善広
ジャンル ルポルタージュ
刊本情報
出版元 文藝春秋
出版年月日 2009年12月
総ページ数 327
受賞
大宅壮一ノンフィクション賞
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

概要編集

作家の中上健次被差別部落を「路地」と呼んだ。大阪府松原市南新町(更池)という被差別部落出身の上原が13年間にわたって日本全国の500以上の路地(被差別部落)を訪ね歩いたノンフィクションである。2010年、第41回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞する[1][2]

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本の路地を旅する』著者紹介。
  2. ^ プロフィール 上原善広文春オンライン。2020年12月18日閲覧。