日本クリケットリーグ

日本クリケットリーグ(にほんクリケットリーグ)は、日本クリケット協会が主催するクリケットのリーグ戦である。

歴史編集

2006年日本ワンデイクリケット選手権(J1C)として開始。

2009年より日本クリケットリーグに改称。

概要編集

40オーバー制で行われるクリケットの大会。開催当初は1部のみの構成だったが、2008年から2部が、2018年から3部が組成され[1]、2018年現在は1部から3部に分かれ、各部の上位4チームは決勝トーナメントに進み、リーグ優勝を争う。上位ディビジョンの下位チームと下位ディビジョンの上位チームは昇格・降格決定戦を行い、ディビジョン間のチームの入れ替えが生じる。大会に参加するためには、地域コミュニティとの繋がりや、ジュニア普及プログラムの実施など、クリケットの普及にも貢献するチームであることが参加条件[2]として定められている。 試合は栃木県佐野市渡良瀬川緑地、静岡県富士市富士川緑地公園で開催される。

所属チーム(2018年)編集

1部編集

  • タイガースクリケットクラブ
  • ワイヴァーンズクリケットクラブ
  • 佐野クリケットクラブ
  • 千葉シャークスクリケットクラブ
  • アルファクオシャーズクリケットクラブ
  • 東京ウォンバッツクリケットクラブ
  • マックスクリケットクラブ
  • メンインブルークリケットクラブ
  • 東京ファルコンズクリケットクラブ
  • ライジングスタークリケットクラブ

2部編集

  • タイガースクリケットクラブ2nd
  • ワイヴァーンズクリケットクラブ2nd
  • 千葉シャークスクリケットクラブ2nd
  • パディフォーリーズクリケットクラブ
  • アルファクオシャーズクリケットクラブ2nd
  • メンインブルークリケットクラブ2nd
  • 東京ファルコンズクリケットクラブ2nd
  • 東京レンジャースクリケットクラブ
  • 慶應義塾大学

3部編集

  • タイガースクリケットクラブ3rd
  • 富士ファーイーストクリケットクラブ
  • メンインブルークリケットクラブ3rd
  • 東京ファルコンズクリケットクラブ3rd
  • アドレクリケットクラブ
  • アルファクオシャーズクリケットクラブ 3rd
  • 慶應義塾大学2nd
  • ライジングスタークリケットクラブ2nd
  • 東京レンジャースクリケットクラブ2nd

歴代優勝チーム[3]編集

1部編集

  • 2006年 東京ウォンバッツ
  • 2007年 東京ウォンバッツ
  • 2008年 東京ウォンバッツ
  • 2009年 東京ウォンバッツ
  • 2010年 千葉シャークス
  • 2011年 佐野CC
  • 2012年 佐野CC
  • 2013年 佐野CC
  • 2014年 パディフォーリーズ
  • 2015年 MAXCC
  • 2016年 MAXCC
  • 2017年 佐野CC
  • 2018年 MAX
  • 2019年 千葉シャークス

2部編集

  • 2008年 東京プレデターズ
  • 2009年 パディフォーリーズ
  • 2010年 アドレクリケットクラブ
  • 2011年 富士ファーイーストクリケットクラブ
  • 2012年 パディフォーリーズクリケットクラブ
  • 2013年 マックスクリケットクラブ
  • 2014年 ワイヴァーンズクリケットクラブ
  • 2015年 タイガースクリケットクラブ
  • 2016年 タイガースクリケットクラブ
  • 2017年 佐野クリケットクラブ
  • 2018年 東京ファルコンズ
  • 2019年 佐野クリケットクラブ

脚注編集

  1. ^ 日本クリケットリーグ『日本クリケット協会』2018年3月25日
  2. ^ 日本クリケットリーグチーム参加基準『日本クリケット協会』2018年3月25日
  3. ^ 日本クリケットリーグ過去の優勝チーム『日本クリケット協会』2018年3月25日

関連項目編集

外部リンク編集