メインメニューを開く

日本敗れず』(にほんやぶれず)は、新東宝映画1954年に製作した日本映画2012年に株式会社ケイメディアからDVDが発売された。

日本敗れず
監督 阿部豊
脚本 館岡謙之助
製作 阿部豊
製作総指揮 田辺宗英
出演者 早川雪洲藤田進山村聡
音楽 鈴木静一
撮影 横山実
編集 後藤敏男
公開 日本の旗 1954年10月26日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

終戦をめぐる閣議の攻防や、陸軍将校らによる玉音放送の音盤奪取を目指したクーデター事件「宮城事件」を描いた初の映画。戦前にハリウッドスターとして一世風靡した国際派俳優、早川雪洲が主役の陸軍大臣を演じる。監督は同じくハリウッドで活躍し、戦後は新東宝で文芸作品に手腕を発揮した阿部豊で、プロデューサーも務めた。後に同じ題材を描き2度映画化された『日本のいちばん長い日』とは異なり、戦時の庶民の姿に長く時間が割かれている。また、終戦後9年しか経ていないためか役名はすべて仮名で、決起将校の上下関係や被害者など事実関係は史実とは異なる。当時若手だった丹波哲郎宇津井健が決起将校役として出演している。

あらすじ編集

昭和20年夏、東京にも相次ぐ大空襲に見まわれ、庶民が塗炭の苦しみを味わう中、陸軍省部内では、若手将校達が本土決戦の計画を練っていた。閣議でも、総理、外相ら閣僚達が講和を模索していたが、川浪陸相が一人強硬に反撃すべきことを主張し膠着状態に陥る。だが、御前会議でポツダム宣言受諾の聖断が下り、玉音放送の録音も行われる。血気にはやる青年将校達は、陛下の録音盤を手に入れるため近衛師団長を殺し、ニセの命令を発して宮城に突入する。

スタッフ編集

配役編集

カッコ内はモデルとされる実在の人物の名前

脚注編集

  1. ^ 日本のいちばん長い日 (1967年)では米内光政役を演じている。
  2. ^ 前年公開の東宝映画『太平洋の鷲』でも米内役を演じている。
  3. ^ 日本のいちばん長い日 (1967年)では保科善四郎役で出演した。

関連項目編集

外部リンク編集