日本文芸家クラブ

日本文芸家クラブ(にほんぶんげいかクラブ)は、日本文筆家で構成される団体。1988年の日本作家クラブの分裂を経て、1991年に現在の団体名で発足。

概要編集

源流は野村胡堂の捕物作家クラブから発展した日本作家クラブ。「文壇党派的な一切を排除」「純文学至上主義」と一線を画すとして多くの大衆作家が集ったが[1]、1988年に分裂[2]勝目梓豊田行二らで1991年に日本文芸家クラブを発足させた[3]

入会には書籍1冊以上か短編3本以上を商業誌に掲載、もしくは電子書籍で10本以上発表。またイラストレーターも条件を満たせば(カバーイラスト1本以上、商業誌5冊以上の挿絵)入会が可能[4]

かつては日本文芸家クラブ大賞を設けていたが、2002年の第10回を最後に休止している[5]

歴代理事長編集

  1. 豊田行二
  2. 勝目梓 ※理事長代行
  3. 南里征典
  4. 志茂田景樹
  5. 睦月影郎

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本作家クラブとは (PDF) 日本作家クラブ公式サイト
  2. ^ 「真二つに割れた日本作家クラブ分裂騒動」『』、1988年9月号、29頁。
  3. ^ クラブの歩み 日本文芸家クラブ公式サイト
  4. ^ 入会・規約 日本文芸家クラブ公式サイト
  5. ^ 日本文芸家クラブ大賞 全国書店ネットワークe-hon(トーハン

外部リンク編集