メインメニューを開く

特定非営利活動法人日本気管食道科学会(にほんきかんしょくどうかがっかい、英文名 THE JAPAN BRONCHO-ESOPHAGOLOGICAL SOCIETY)は、気管食道科学の進歩発展を図る目的で1949年に設立された学会1950年日本医学会への加盟が認められる[1]

事務局を東京都文京区後楽2-3-10白王ビル5階に置いている。

事業編集

  • 学術講演会の開催等による学術研修、会誌・図書等の発行による気管食道科学の普及広報、専門医等の認定とその教育、日本国内外の関係学術諸団体との提携など[2]

活動編集

主な活動は以下のとおり[1]

国際・世界会議の主宰
会報の発行
  • 日本気管食道科学会会報(The Journal of the Japan Broncho-esophagological Society) 年6回
認定医制度
  • 1988年発足
研修会・講習会の開催
学会企画による書籍の刊行
  • 小野譲著「仁医ジャクソン」1951年
  • 小野譲監修「新・気管食道科診療の実際」メディカルリサーチセンター 1951年
  • 日本気管食道科学会編「気管食道科診療の進歩」日本印刷 1996年
  • 気管食道科学用語解説集 金原出版 日本気管食道科学会編 2003年 ISBN 978-4-307-37073-8(日本医学会の「医学用語統一作業」の一環として作成)
  • 外科的気道確保マニュアル 金原出版 日本気管食道科学会編 2009年 ISBN 978-4-307-20272-5
  • その他
異物防止運動
  • ゴムほうずき等危険な玩具の製造販売禁止 1952年
  • 鉛筆キャップの先端穴あけを製造会社に要望
  • 薬剤のPTP包装の改良 1994年
映画による学術普及
  • Smith Kline and French研究所作成「外部からの心臓マッサージ」
  • 日本気管食道科学会編「異物事故-それは他人事ではない」 1971年
  • その他

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集