日本珠算連盟主催段位認定試験

日本珠算連盟主催 段位認定試験(にほんしゅざんれんめいしゅさい だんいにんていしけん)は、珠算・暗算の試験である。

試験科目編集

試験問題は、いずれも紙に印刷されており、計算結果を3桁ごとのカンマつきの数字で書き込む。

珠算種目は、かけ算60問を制限時間10分、わり算60問を制限時間10分、みとり算足し算引き算)30問を制限時間10分で解く。

暗算種目は、かけ暗算60問を制限時間3分、わり暗算60問を制限時間3分、みとり暗算足し算引き算)30問を制限時間4分で解く。   珠算種目のかけ算、わり算では端数処理、みとり算、みとり暗算では補数計算(答が負の数となる。出題頻度は10問あたり1問)が出題される。端数処理の方式は前半30問が「小数第3位未満を四捨五入」、後半30問が「円位未満を四捨五入」となる。

その他編集

平成14年度(2003年2月)までは、珠算種目に伝票算があり、それぞれの種目の出題内容も現在とは異なっていた。

外部リンク編集