日置 友尽斎(へき ゆうじんさい、生没年不詳)とは、江戸時代京都絵師職人

来歴編集

宮崎友禅の門人かといわれている。京都の人、名は清親、俗称徳右衛門。友尽斎と号す。京都醒ヶ井通和泉町に住む。作画期は天和から貞享の頃にかけてで、図案工と染工を兼ねた。『扁額軌範』(速水春暁斎編)には京都祇園社奉納の扁額「村山座狂言之図」に「天和二年(1682年)壬戌正月廿一日」、「月直氏清親筆」とあり、『浮世絵師伝』は「月直」は「日置」の誤りであるとし、日置友尽斎の作としている。

作品編集

参考文献編集