メインメニューを開く

星は光りぬ』(ほしはひかりぬ、:E lucevan le stelle)は、ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラトスカ』の中でカヴァラドッシ(テノール)によって歌われるアリアである。「星はきらめき」などとも呼ばれる。

概要編集

『トスカ』第3幕で、間もなく銃殺される画家カヴァラドッシが、明け方の星に、トスカとの愛を想い、泣きながら歌うアリア。

フィギュアスケート選手・本田武史エヴァン・ライサチェクエフゲニー・プルシェンコの競技使用曲。

歌詞編集

イタリア語(原文) 和訳

E lucevan le stelle ed olezzava la terra,
stridea l'uscio dell'orto,
e un passo sfiorava la rena,
entrava ella, fragrante,
mi cadea fra le braccia.

Oh! dolci baci, o languide carezze,
mentr'io fremente le belle forme disciogliea dai veli!
Svanì per sempre il sogno mio d'amore.
L'ora é fuggita,
e muoio disperato, e muoio disperato.
e non ho amato mai tanto la vita !

星は輝き、大地は芳しく
菜園の扉が軋み、
砂土に軽く触れるような足音がして
彼女が芳香を纏って入ってくる

ああ、あの甘いキス、誘うような抱擁
震えながらヴェールをとり、彼女の姿を露にした!
僕の愛の夢は永遠に無に帰した。
時は過ぎ、
絶望の中に僕は死ぬ、絶望の中に僕は死ぬ。
今ほど命を恋しく思うことはなかった!

参考文献編集