メインメニューを開く

智円(ちえん、976年 - 1022年)は中国北宋代の天台宗山外派の僧である。孤山智円(こざん ちえん)と呼ばれる。

智円
976年 - 1022年
諡号 法慧大師
生地 杭州銭塘県
没地 西湖孤山
宗派 天台宗山外派
源清
著作 『閑居編』

生涯編集

俗姓は徐氏、杭州銭塘県(浙江省杭州市)の出身である。字は無外、中庸子・潜夫と号した。

8歳の時に出家し、21歳で源清に入門して天台教学を修学した。山家派に属する知礼ら一門と、その宗学や法系上の相違により対立し、盛んに宗学上の論争を繰り広げた。一方、儒教道教の教理にも造詣が深く、儒・仏・道三教の融和統合を説く「三教合一論」を展開した。

最晩年の6年間、西湖にある孤山(杭州市西方)に住し、著作に専心した。その著述は20部余で120巻余りに及んだ。

著書編集

  • 閑居編
  • 『金剛錍顕性録』
  • 『涅槃玄義発源機要』

ほか。

伝記資料編集

参考文献編集

  • 安藤智信「孤山智円と明教契嵩:宋代二高僧に見る儒・仏二教の位置ずけ」(『大谷学報』55-3、1975年)
  • 末廣照純「孤山智圓の儒佛道三教觀」(『天台学報』24、1981年)
  • 金井崚純「孤山智圓の三教觀」(『天台学報』30、1987年)


師:源清天台宗(中国)弟子: