メインメニューを開く

智達(ちたつ、生没年不詳)は、飛鳥時代法相宗

経歴編集

日本書紀』巻第二十六によると、657年斉明天皇3年)に、

使(つかひ)を新羅に使(つかは)して曰(のたまは)く、「沙門(ほふし)智達(ちだち)・間人連御廐(はしひとのむらじみうまや)・依網連稚子(よさみのむらじわくご)(ら)を将(ひきゐ)て、汝(いまし)が国の使に付けて、大唐(もろこし)に送り致(いた)さしめむと欲(ほ)りす」とのたまふ。新羅、聴送(うけたまは)り肯(か)へず。是(これ)に由(よ)りて、沙門(ほふし)智達(ちだち)(ら)、還(かへ)り帰(まう)けり (使いを新羅に遣わして、「沙門智達・間人連御廐・依網連稚子らを新羅の国の使いにつけて、大唐(もろこし)に送りたいと思う」といわれた。新羅はそれに従わなかった。それで沙門智達らは帰国した)訳:宇治谷孟

とあるのが、智達の名前の初出である[1]。続けて、翌658年(斉明天皇4年)に智通とともに新羅の船でに渡り、玄奘からインドの学僧である無性の衆生の義(ことわり)を受けた、とある[2]。同じ事項が『三国仏法伝通縁起』には、

智通・智達両般法師乗新羅船大唐国、玄奘三蔵法相宗

と記されており、同様の記述が『仏祖統記』・『宋史』日本伝(巻第四百九十一・外国伝七・日本条)にも見える。法相宗は4回にわたり日本に伝来したと言われているが、智達・智通たちは、その第2伝とされている。

智通と共に、智周から法相宗を学んだ。 帰国後は大和国飛鳥寺で法相宗をひろめた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』斉明天皇3年是歳条
  2. ^ 『日本書紀』斉明天皇4年7月是月条

参考文献編集