暖炉の前の裸婦』(だんろのまえのらふ、Nu devant la cheminée、Nude Before a Mirrorとしても知られる)は、ポーランド系フランス人の画家バルテュスが描いた1955年の絵画[1]

『暖炉の前の裸婦』
作者 バルテュス
製作年 1955年
寸法 190 cm × 164 cm (75 in × 64.5 in)
所蔵 メトロポリタン美術館ニューヨーク
登録 1975年

この絵画は、バルテュスが頻繁に用いる主題である鏡の前に立つヌードの女性を描いている。

1975年に美術収集家・銀行家であるロバート・リーマン英語版メトロポリタン美術館に寄贈した[2]

参考文献編集

  1. ^ Thurman, Judith (2013年9月27日). “My Visit with Balthus”. The New Yorker. 2018年9月30日閲覧。
  2. ^ Nude Before a Mirror”. Metropolitan Museum of Art. 2018年9月30日閲覧。