曲げ剛性英語: Flexural rigidity)とは、はり部材の曲げ変形のしにくさを示す指標で、部材の断面形状と大きさで決まる断面二次モーメントIと、その材料のヤング率Eとの積EIで表される[1]曲げこわさともいう[2]

棒の曲げ剛性編集

はり部材円柱の曲げ剛性(EI)は、長さを とした以下のような式で定義される:

 

ここで、 ヤング率 (Pa)、 断面二次モーメント (m4)、 は任意の における材料の横方向の変位、 は任意の におけるモーメントである。

曲げ剛性のSI単位はPa·m4であり、これはN·m²に等しい。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『機械工学辞典』日本機械学会、丸善、2007年1月20日、第2版、1264頁。ISBN 978-4-88898-083-8
  2. ^ 曲げ剛性とは”. コトバンク. 朝日新聞社、VOYAGE GROUP. 2014年9月18日閲覧。

関連項目編集