曹 安民(そう あんみん、? - 197年)は、中国後漢末期の人物。安民は字で、諱は不明。伯父は曹操。父は海陽哀侯と追尊された曹嵩の3男で諱は不明。『三国志』武帝紀、建安2年の条。

曹操が張繡を降伏させた際、張繡の族父にあたる張済の未亡人を召し出した。しかしこのことは当然張繡の知るところとなり、激怒した張繡が賈詡の策を交え、夜襲を仕掛けて来た。

窮地に陥った曹操は命からがら逃亡した。しかしこの時の襲撃で、曹安民は曹昂典韋らと共に戦死した。

三国志演義編集

小説『三国志演義』でも史実とほぼ同様である。父が、曹操のではなくという設定になっている。