最後の晩餐 (クレスピ)

最後の晩餐』(さいごのばんさん、イタリア語: Ultima Cena、ないし、Cenacolo[1])は、ダニエレ・クレスピイタリア語版が、1624年から1625年にかけて制作した絵画作品で、ブレラ美術館に収蔵されている。

『最後の晩餐』
Daniele Crespi - The Last Supper - WGA5745.jpg
作者ダニエレ・クレスピ
製作年1624年 – 1625年
寸法335 cm × 220 cm (132 in × 87 in)
所蔵ブレラ美術館ミラノ

この作品は、元々はベザーナ・イン・ブリアンツァ近郊のブルゴーラの修道院イタリア語版にあったが、この修道院には、後代の修復作業の中で発見された、同じような構図の16世紀後半のフレスコ画がある。縦に長い画面構成の着想は、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』ではなく、ミラノサンタマリア・デッラ・パッシオーネ教会イタリア語版にあるガウディンツィオ・フェラーリイタリア語版の『最後の晩餐』の原型から得たものとされる。

ブレラ美術館に移された後、この作品は一時ブルゴーラの祭壇に戻され、モラッツォーネイタリア語版キリストの磔刑を描いた作品とともに、かつての修道院に掲げられていた当時の状況が再現された。

脚注編集

  1. ^ Sala XXX - ブレラ美術館の展示案内では「Cenacolo」とされている。

関連項目編集

外部リンク編集

  • Sala XXX - ブレラ美術館の展示案内(イタリア語)