最後の晩餐 (ゲー)

最後の晩餐』(さいごのばんさん、: Тайная вечеря, : The Last Supper)は、ロシアの画家ニコライ・ゲー1861年から1863年にかけて描いた絵画である[1][2]

『最後の晩餐』
ロシア語: Тайная вечеря
英語: The Last Supper
Ge The last supper 1863.jpg
作者ニコライ・ゲー
製作年1861年 - 1863年
種類油彩キャンバス
寸法283.0 cm × 382.0 cm (111.4 in × 150.4 in)
所蔵ロシア美術館サンクトペテルブルク

縦 283.0 センチメートル、横 382.0 センチメートルの大きさをもつ[2]。キャンバスに油彩で描かれている[1][2]サンクトペテルブルクに所在するロシア美術館のミハイロフスキー宮殿のルーム26に所蔵されている[3][4][2]

概要編集

本作は、イエス・キリスト使徒たちとともに摂った最後の夕食、「最後の晩餐」を題材とした作品である[5]。1861年8月、イタリアフィレンツェで本作の製作が開始される[6]。1863年9月、本作がサンクトペテルブルクに搬入され、帝国美術アカデミーの評議会に提出される[6]。本作は大きな称賛を受け、歴史画の教授の称号がゲーに授与された[6]。同月、帝国美術アカデミーの展示会で展示される[6]

1864年2月12日、ロシア皇帝アレクサンドル2世によって本作が買収される[6]。同年、複製画が製作される。この複製画は、縦 67 センチメートル、横 90 センチメートルの大きさをもつもので、1928年よりサラトフのラジーシチェフ記念美術館 (ru) に所蔵されている[7][8][9]。1866年にも複製画が製作されている。この複製画は、縦 66.5 センチメートル、横 89.6 センチメートルの大きさをもつもので、トレチャコフ美術館に所蔵されている[10][11][12]

本作におけるキリストの姿は、1861年に写真家セルゲイ・レヴィーツキー (ru) によってパリで撮影された、作家、思想家アレクサンドル・ゲルツェンの肖像写真に基づいて描かれたとされる[2][13]

作品編集

最後の晩餐が行われた後の様子が描かれている[2]。晩餐の折にキリストは、「使徒のうちの1人が、私を裏切るだろう」という旨の発言をしている[5]ユダがドアのほうへ向かい、小さな暗い部屋から出て行こうとしている[14][2]。ユダは、背後からの光を受けて影になっており、表情がほとんど見えない[5][2]。他の使徒たちは、ユダのほうに視線を向けている[7][2]

画面の中央、白いテーブルクロスがかけられたテーブルに寄りかかる形で肘枕をして横になり、瞑想をしている人物が、キリストである[8][15][2]。画面の左側に描かれたヨハネは、眼前で起きていることを信じることができずに絶望している[15]。画面の右側の白いひげをたくわえた人物は、ペトロである[15]。ペトロは、ユダに対して怒りの念を抱いて立ち上がっている[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Тайная вечеря”. ロシア美術館. 2020年3月14日閲覧。
    The Last Supper”. ロシア美術館. 2020年3月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『レーピンとロシア近代絵画の煌めき』 2018, p. 21.
  3. ^ “ロシア絵画でキリストはどのように描かれたか”. ロシア・ビヨンド. (2019年10月31日). https://jp.rbth.com/arts/82755-roshia-de-kirisuto-dou-egakareta 2020年3月14日閲覧。 
  4. ^ The Last Supper”. The Virtual Russian Museum. 2020年3月14日閲覧。
  5. ^ a b c 『ロシア絵画の旅』 2012, p. 238.
  6. ^ a b c d e Nikolai Ge: A Chronicle of the Artist’s Life and Work”. Tretyakov Gallery Magazine. 2020年3月14日閲覧。
  7. ^ a b Тайная вечеря”. Министерства культуры Российской Федерации. 2020年3月14日閲覧。
  8. ^ a b 1864 г., Россия”. Минкультуры России. 2020年3月14日閲覧。
  9. ^ КАРТОЧКА РЕСУРСА”. ЕДИНАЯ КОЛЛЕКЦИЯ ЦИФРОВЫХ ОБРАЗОВАТЕЛЬНЫХ РЕСУРСОВ. 2020年3月14日閲覧。
  10. ^ Энциклопедия мировой живописи(очередной 267 выпуск)”. Студия И. 2020年3月14日閲覧。
  11. ^ ГЕ НИКОЛАЙ НИКОЛАЕВИЧ”. Энциклопедия Всемирная история. 2020年3月14日閲覧。
  12. ^ Ге Николай Николаевич - Тайная вечеря”. トレチャコフ美術館. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月14日閲覧。
  13. ^ 池田和彦 (1988年12月10日). “ドストエフスキイの「最後の晩餐」(H.ゲー)評小考 : 「リアリズム」との出会いをめぐって”. 東京大学文学部ロシア文学研究室. 2020年3月14日閲覧。
  14. ^ 『ロシア絵画の旅』 2012, pp. 238, 239.
  15. ^ a b c d 『ロシア絵画の旅』 2012, p. 239.

参考文献編集

  • 籾山昌夫『レーピンとロシア近代絵画の煌めき』東京美術、2018年12月。ISBN 978-4-8087-1120-7
  • ポルドミンスキイ『ロシア絵画の旅 はじまりはトレチャコフ美術館』尾家順子訳、群像社、2012年10月。ISBN 978-4-903619-37-8