有馬 氏恒(ありま うじつね)は、江戸時代中期の大名伊勢西条藩の第3代藩主。氏倫系有馬家3代。

 
有馬氏恒
時代 江戸時代中期
生誕 元文4年(1739年
死没 宝暦10年2月24日1760年4月9日
改名 弥平次(通称
戒名 正源院殿覚雲義道大居士
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従五位下、式部少輔
幕府 江戸幕府
伊勢西条藩
氏族 堀氏摂津有馬氏
父母 父:堀親蔵、養父:有馬氏久
兄弟 堀親長堀親豊座光寺為明氏恒堀親褒安西親表遠藤常郷
養子:氏房
テンプレートを表示

生涯編集

信濃飯田藩堀親蔵の四男として生まれる。

西条藩第2代藩主有馬氏久は、摂津国林田藩建部家から光隆を養嗣子として迎えていたが、寛延2年(1749年)4月に光隆は廃嫡され、代わって氏恒が養嗣子となる。氏久には堀親蔵の姉妹が正室として嫁いでいた。

宝暦7年(1757年)4月1日、将軍徳川家重に初謁する。宝暦9年(1759年)6月2日、氏久の隠居により家督を相続し、同年12月7日に従五位下式部少輔に叙せられた。しかし、藩主就任から1年足らずの宝暦10年(1760年)2月24日、22歳で死去した。跡を氏久の次男の氏房が継いだ。

参考文献編集