望月玉仙

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

望月 玉仙(もちづき ぎょくせん)は、江戸時代の望月派の複数の絵師が名乗った画名。美術書等では一般には、初代を「望月玉蟾」、2代目を「望月玉仙」と記して区別する。

一覧編集

  • 望月玉蟾(1692 - 1755) - 望月派初代。号に玉蟾、玉仙、玉庵、静庵など。
  • 望月玉仙(1744 - 1795) - 初代の子、望月派2代。号に玉仙、玉蟾、誠斎など。名は重祐[1]望月玉川の父。

脚注編集

  1. ^ 望月玉仙”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2016年10月26日閲覧。

関連項目編集