朝比奈 弥太郎(あさひな やたろう)は、戦国時代武将。実名は不明。西讃守護代香川氏の家臣。讃岐国甲山城主。

 
朝比奈弥太郎
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄元年(1558年
墓所 香川県善通寺市筆岡町
主君 香川之景
氏族 朝比奈氏
テンプレートを表示

略歴編集

朝比奈義秀の後裔とも土佐国の出身ともいわれる。

家中きっての勇士であり、永禄元年(1558年)、三好実休が香川氏を攻めた際、甲山南麓において寄せ手の軍勢およそ190人を討ち取った後に戦死した。