木下 十四三(きのした としさぶ、1876年明治9年)3月20日[1][2] - 1942年昭和17年)1月31日[2][注釈 1])は、明治末から昭和前期の農業経営者、政治家衆議院議員佐賀県三養基郡北茂安村長。

経歴編集

佐賀県[3]養父郡東尾村(養父郡北茂安村、三養基郡北茂安村大字東尾[1][4]北茂安町を経て現みやき町東尾)で、農業・木下七三、ナミの二男として生まれる[5]。1897年(明治30年)東京法学院(英吉利法律学校後身、現中央大学)を卒業した[2][3][4][5]。農業を営む[1][3]

北茂安村長、所得税調査委員、三養基郡農会長、佐賀県農会副会長、佐賀県会議員などを務めた[2][3][4][5]

1920年(大正9年)5月の第14回衆議院議員総選挙に佐賀県第3区から立憲政友会公認で出馬して当選し[2][5][6]政友本党に所属し衆議院議員に1期在任した[2][3][4]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』205頁では5月18日。

出典編集

  1. ^ a b c 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、33頁。
  2. ^ a b c d e f 『佐賀県大百科事典』197頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』205頁。
  4. ^ a b c d 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』148頁。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第6版』き16頁。
  6. ^ 『衆議院議員総選挙一覧 第14回』29頁。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員総選挙一覧 第14回』衆議院事務局、1924年。
  • 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年。
  • 『佐賀県大百科事典』佐賀新聞社、1983年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。