メインメニューを開く

木村 林之助(きむら りんのすけ)は、大相撲行司名跡の一つ。これまでは出羽海部屋の行司が襲名している。1990年1月場所以降、空きとなっていたが、2007年1月場所より、幕下格の木村保之助が改名して襲名。2011年1月場所から再び空き名跡となっている。

発祥編集

大阪相撲に所属していた木村錦太夫が、1924年に東京相撲に移籍。その際、木村林之助と改名したのが始まりである。 彼が名乗った後は、彼の弟子達が襲名している。

襲名者代々編集

  • 4代 3代目の弟子。本名小林亮太(1977年4月17日-)埼玉県出身。幕下格ながら、2007年初場所三段目格から昇格したのを機に4代目を襲名したものの、2010年1月から2月に亘る不祥事(当時の妻及び実子への暴行)により、執行猶予付きの有罪判決を受けたことを機に返上[1]。現在は木村千鷲(ちしゅう)を名乗り、2015年5月場所より十両格に昇進。

脚注編集