本態性振戦(ほんたいせいしんせん)は、原因不明の不随意な律動的な体の動きを起こす疾患である。

特徴編集

診断の際は下記3点が特徴である。

  • 他の疾患などによる二次性の振戦の可能性が除外されている。
  • 神経学的診察では振戦以外の所見をみとめない。
  • 画像所見においても異常所見を伴わない。

本態性振戦の病態はまだ十分には明らかになっておらず、薬剤の作用機序も不明な点が多い。

疫学編集

  • 有病率は報告によってばらつきがみられるが、およそ人口の2.5~10%とされている 脚注1
  • 高齢者に多い(40歳以上では4%、65歳以上では5~14%以上)脚注2,3

病因編集

  • 明確な神経障害や病変があるものを除外するため、本態性振戦の病因は明らかなものは存在しない。

治療編集

  • βアドレナリン受容体遮断薬による薬物治療では、50%から70%の患者で症状の改善が報告されている。脚注4
  • 手術療法としては視床破壊術、視床電極刺激術、ガンマナイフによる視床破壊術がある。視床刺激療法は安全で有効性が高いことが報告されているが、13%から40%に効果減弱が報告されている。脚注5,6

その他編集

  • コミュニティとしては、International Essential Tremor Foundationがある。脚注7
  • 薬を使わずに本態性振戦を治した報告もある。脚注8

脚注・外部リンク編集

外部リンク編集

日本神経治療学会 標準的神経治療:本態性振戦