メインメニューを開く
本田義成

本田 義成(ほんだ よしなり、1871年11月6日明治4年9月24日[1]) – 1952年昭和27年)4月12日[2])は、衆議院議員立憲政友会)。

経歴編集

新潟県三島郡片貝村(現在の小千谷市)出身。少年時代に単身上京し、明治法律学校(現在の明治大学)の校外生として苦学しながら、商業に励んだ[3]四谷区会議員、同議長、東京府会議員、同参事会員、東京市会議員、同参事会員を歴任。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選[4]。合計で4期務めた。

その他、大木戸住宅株式会社監査役、朝鮮営林洋行代表社員などを務めた[5]

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、1頁。
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『新代議士名鑑』p.11
  4. ^ 篠田皇民『東京府市名誉録』東京人事調査所、1925(大正14)年、東京府選出代議士之部。
  5. ^ 『衆議院要覧』

参考文献編集

  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十二年十一月』衆議院事務局、1937年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。