メインメニューを開く
本来の表記は「李譔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

李 譔(り せん、生没年不詳)は、中国三国時代の学者・政治家。欽仲(蜀漢)に仕えた。梓潼郡涪県の人。

父は李仁。李仁はかつて襄陽に留学し、尹黙と付き合い、司馬徽宋忠について学問をしたという。李譔は父の学問をそっくり受け継いだ。さらに尹黙に教えを請い、字義の解釈に留まらない学問の道理を学んだ。五経・諸子といった儒学の他、算術・占術・医学・弩・ばね仕掛けといった実学も一通りこなした。

州の書佐・尚書令史となっていたが、238年 (延熙元年)に劉禅の長男であった劉璿が立太子されると、李譔は太子庶子に任じられ、太子僕となった。その後、中散大夫・右中郎将となったが、引き続き太子に近侍した。劉璿には寵愛されたが、本性軽薄でふざけるのが好きであったため、そのために世間では重んじられなかった。

『易』・『尚書』・『毛詩』・『三礼』・『左氏伝』・『太玄指帰』に関する著述をしたが、賈逵馬融に準拠するものであり、鄭玄の説とは異なっていた。遠く離れたに住む王粛の著述を目にする機会はなかったが、考え方や結論の多くは一致していたという。

景耀年間 (258年 - 263年)に没した。

評価編集

陳寿は、同時期に活躍した学者として、漢中の陳術(字は申伯)という人物を紹介している。巻末の評では、許慈孟光来敏と共に、徳行での評判は芳しくなかったが、博学多才な一代の学者であると締めくくっている。

参考文献編集