メインメニューを開く

李延寿(り えんじゅ、生没年不詳)は、中国歴史家本貫隴西郡狄道県(現在の甘粛省定西市臨洮県)だが、代々相州(現在の河南省安陽市)に住んだ。李大師の子。

延寿の父の大師は、末に竇建徳に仕えて礼部侍郎となり、竇建徳の滅亡後に甘粛に流されたが、後に赦された。大師は編年体の南北朝通史の執筆を構想して、編纂を開始していたが、志半ばで628年に死去した。延寿は父の未成の南北朝通史を引き継ぎ、16年かけて『南史』80巻、『北史』100巻を完成させた。659年に正史として公認された。

延寿は、唐の太宗に仕えて、太子典膳丞・崇文館学士を務めた。『隋書』や『晋書』の編纂に参与して、御史台主簿となり、直国史を兼職した。最後は符璽郎に任ぜられ、修国史を兼任して、まもなく死去した。他に『太宗政典』30巻があった。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻七十三 列伝第二十三「李延寿伝」
  • 新唐書』巻一百二 列伝第二十七「李延寿伝」