メインメニューを開く

斉妃李氏(せいひ りし、? - 1738年)は、雍正帝の側妃。漢人の出身。知府の李文輝の娘。

初め、雍親王の胤禛(のちの雍正帝)に嫁ぎ、側福晋(側室)となった。子女を4人産んだ。

雍正帝の即位後、雍正元年(1723年)に「斉妃」に封じられた。当時、皇子らの中で弘時(斉妃の三男)は最年長であった。しかし、後に弘時が雍正帝により皇族から籍を削られると、母の斉妃も権勢を失った。

乾隆帝が即位すると、弘時の宗室身分が回復された。乾隆4年(1738年)、斉太妃は重病を患い、北海の五龍亭に移され、乾隆帝は皇太后を伴って斉太妃を見舞った。同年、薨去した。

子女編集

  • 和碩懐恪公主
  • 弘昐(1697年7月19日 - 1699年3月30日)
  • 弘昀(1700年9月19日 - 1710年12月10日)
  • 弘時

登場作品編集

伝記資料編集