李皇后 (北魏文成帝)

文成帝の貴人(側室)。追尊皇后。本貫は頓丘郡衛国県。

李皇后(りこうごう、? - 456年)は、北魏文成帝貴人(側室)。献文帝の母。皇后として追尊された。本貫頓丘郡衛国県

経歴編集

南朝宋済陰郡太守の李方叔の娘として生まれた。美少女と言われた。

450年太平真君11年)、北魏の永昌王拓跋仁が寿春に侵入して、軍が李氏の家に入り、李氏の身柄を連行した。453年興安2年)、拓跋仁が長安で処刑されると、李氏はその家人とともに平城の宮殿に入れられた。

文成帝にその美質を見出され、庫房で迫られ関係して妊娠した。拓跋弘(献文帝)を生み、貴人の位を受けた。456年太安2年)、拓跋氏の旧制(子貴母死中国語版)に従って処刑された。は元皇后といい、金陵に葬られた。

伝記資料編集