村内美術館

東京都八王子市にある美術館

村内美術館(むらうちびじゅつかん)は、東京都八王子市にある美術館。株式会社村内ファニチャーアクセスの会長村内道昌が地域社会への貢献の想いとともに、かつて訪れたパリの小さな美術館、ギュスターヴ・モロー美術館のアットホームな雰囲気をお手本とし、小さくても中身の濃い、そして何度でも訪れたくなるような美術館にと、コレクションした西洋絵画を公開するため1982年11月に開設された。

村内美術館
Murauchi Art Museum
地図
施設情報
専門分野 美術
管理運営 株式会社村内ファニチャーアクセス[1]
開館 1982年11月3日
所在地 192-8551
東京都八王子市左入町787 村内ファニチャーアクセス八王子本店内
位置 北緯35度40分45.3秒 東経139度20分10.9秒 / 北緯35.679250度 東経139.336361度 / 35.679250; 139.336361座標: 北緯35度40分45.3秒 東経139度20分10.9秒 / 北緯35.679250度 東経139.336361度 / 35.679250; 139.336361
外部リンク 村内美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

1995年3月に現在の新館に移転し、より多くの作品を展示できるようになり、2013年7月には展示を一新、日本初の「家具と絵画のコラボレーション」として、世界の有名家具デザイナーの作品を網羅、加えて西洋と日本の現代画家たちの意欲作、超大作を集め、それらが相互に融合する斬新な展示方法で、まさに「日本初」の名にふさわしいユニークな美術館を誕生させた。

2015年1月には東京都より公益財団の認定を受け現在に至る。

主な収蔵作品 編集

  • ヴィル・ダヴレーのカバスュ邸(カミーユ・コロー作)
  • ヴィル・ダヴレー 牧草地からコローの家へと続く道(カミーユ・コロー作)
  • ジャン・ルノワールとガブリエル(ピエール=オーギュスト・ルノワール)
  • 森へ続く道(アルフレッド・シスレー)
  • 横たわる裸婦(キスリング)
  • ミモザとチューリップ(キスリング)
  • 緑色のスカートの女性(キスリング)
  • 月胎蔵(智内兄助)

出典 編集

  1. ^ 文化活動-サロン樫の木-”. 株式会社村内ファニチャーアクセス. 2016年6月11日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集