メインメニューを開く

村嶋 英治(むらしま えいじ、1951年5月3日 - )は、東南アジア大陸部地域研究者。福岡県篠栗町出身。[1]専門分野は19世紀半ばから100年間ほどのタイ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。

目次

経歴編集

研究テーマ編集

  • 東南アジアの中国人・日本人社会 の近現代史
  • 近現代タイの政治・タイ政治外交史
  • 東南アジア大陸部の国際関係・国境政治
  • 近代日本とタイの仏教交流[5]

著作編集

Scopus対象誌掲載論文[6]

Murashima, E, “The Origin of Modern Official State Ideology in Thailand”, Journal of Southeast Asian Studies,1988

Murashima, E, “The commemorative character of Thai historiography: The 1942-43 Thai military campaign in the shan states depicted as a story of national salvation and the restoration of Thai independence”, Modern Asian Studies,2006

Murashima, E. “Opposing French colonialism: Thailand and the independence movements in Indo-China in the early 1940s”, South East Asia Research,2005

Murashima, E. “Local Elections and Leadership in Thailand: A Case Study of Nakhonsawan Province ”, The Developing Economies,1987

その他の英文著作[7]

Eiji Murashima, “Democracy and the Development of Political Parties in Thailand, 1932-1945” in Eiji Murashima et al., The Making of Modern Thai Political Parties,アジア経済研究所JRP Series No.86 1991,pp.1-54.

Eiji Murashima, “The Thai-Japanese Alliance and the Chinese of Thailand”, Paul H. Kratoska ed. Southeast Asian Minorities in the Wartime Japanese, Routledge Cruzon.2002, pp.192-222, ISBN 0-7007-1488-X

Eiji Murashima “The Young Nuon Chea in Bangkok(1942-1950) and the Communist Party of Thailand: The Life in Bangkok of the Man Who Became “Brother No.2” in the Khmer Rouge”, Journal of Asia-Pacific Studies『アジア太平洋討究』No.12, March 2009,pp.1-42.[8]

Eiji Murashima “The Origins of Chinese Nationalism in Thailand” Journal of Asia-Pacific Studies (『アジア太平洋討究』)No.21 Aug.2013 pp.149 -172.[9]

Eiji Murashima “Thailand and Indochina 1945-1950”, Journal of Asia-Pacific Studies『アジア太平洋討究』No.25,Dec.2015, pp.137-176.[10]

.Eiji Murashima, “Japanese-Thai Materials and Scholarship Concerning the Second World War” in Masaya Shiraishi and Bruce M. Lockhart eds.Essays on Vietnam and Thailand during the Second World War,Waseda University Institute of Asia-Pacific Studies, March 2018,ISBN 978-4-902590-79-1,pp.12-24

タイ語 著作(書籍)[11]

เออิจิ มูราชิมาารเมืองจีนสยาม : การเคลื่อนไหวทางการเมืองของชาวจีนโพ้นทะเลในประเทศไทย ค.ศ. 1924-1941 ศูนย์จีนศึกษา สถาบันเอเชียศึกษา, จุฬาฯ, 1996,237p,ISBN 974-632-961-8

เออิจิ มูราชิมา  กำเนิดพรรคคอมมิวนิสต์สยาม พ.ศ๒๔๗๓ -๒๔๗๙,มติชน,2012,234p. ISBN 978-974-02-0990-4

เออิจิ มูราชิมา, นครินทร์ เมฆไตรรัตน์, แปล บันทึกของทูตญี่ปุ่นผู้เห็นเหตุการณ์ปฏิวัติ 2475 : การปฏิวัติและการเปลี่ยนแปลงในประเทศสยาม / ยาสุกิจิ ยาตาเบ, เขียน (矢田部保吉著『シャム国革命政変の回顧』の翻訳); กรุงเทพฯ : มติชน, พิมพ์ครั้งที่ 2, 2014, ISBN 978-974-323-977-9

เออิจิ มูราชิมา, นครินทร์ เมฆไตรรัตน์, แปล บัญชาการชาวพุทธ ความทรงจำของนายพลนากามูระเกี่ยวกับเมืองไทยสมัยสงครามมหาเอเชียบูรพา / อาเคโตะ นากามูระ เขียน(中村明人著『ほとけの司令官ー駐タイ回想録』の翻訳); กรุงเทพฯ : มติชน, พิมพ์ครั้งที่ 3,2012, ISBN 978-974-02-0974-4

เออิจิ มูราชิมา “สัมพันธมิตรไทย-ญี่ปุ่นกับชาวจีนในประเทศไทยสมัยสงครามครั้งที่สอง” ใน ญี่ปุ่น-ไทย-อุษาคเนย์ = Japanese scholarships on Thailand and Southeast Asia / ชาญวิทย์ เกษตรศิริ, ฮายะโอะ ฟูกุย บรรณาธิการ 1998, หน้า ๑๑๑-๒๐๐ ISBN 974-89608-9-7

和文主要著作[12][13]

萩原宜之・村嶋英治編『ASEAN諸国の政治体制』アジア経済出版会、1987年3月31日発行

村嶋英治、萩原宜之、岩崎育夫編『ASEAN諸国の政党政治』アジア経済出版会、1993年1月25日発行

村嶋英治『ピブーン、独立タイ王国の立憲革命』(現代アジアの肖像シリーズ第9巻)岩波書店、1996年10月17日発行、252頁

村嶋英治・鄭成『中国に帰ったタイ華僑共産党員:欧陽恵氏のバンコク、延安、大連、吉林、北京での経験』[14]、早稲田大学アジア太平洋研究センター、リサーチ・シリーズ第1号、2012年 12月、241頁、ISSN 2185-131X

村嶋英治(編集・解説)『堀井龍司憲兵中佐手記、タイ国駐屯憲兵隊勤務(1942ー45年)の想い出、付録 18方面軍参謀原寿雄少佐手記』[15]、早稲田大学アジア太平洋研究センター研究資料シリーズ No.7 2017年 3月31日、187頁,ISSN 2185-1301

村嶋英治「バンコクの日本人(1)~(96)」、『クルンテープ』(泰国日本人会月刊誌)2010年8月号~2018年8月号連載

本文合計602頁[16]

2015年以降の和文論文

村嶋英治「バンコクにおける日本人商業の起源:名古屋紳商(野々垣直次郎、長坂多門)のタイ進出」、『アジア太平洋討究』24号、2015年3月、39-69頁[17]

村嶋英治「1890年代に於ける岩本千綱の冒険的タイ事業:渡タイ(シャム)前の経歴と移民事業を中心に(上)」、『アジア太平洋討究』26号、2016年3月、157-223頁[18]

村嶋英治「岩本千綱の『暹羅老撾安南三国探検実記』をめぐって:探検の背景と実記の質」、『アジア太平洋討究』27号、2016年10月、13-59頁[19]

村嶋英治「1890年代に於ける岩本千綱の冒険的タイ事業:渡タイ(シャム)前の経歴と移民事業を中心に(中)」、『アジア太平洋討究』29号、2017年10月、141―221頁[20]

村嶋英治「1890年代に於ける岩本千綱の冒険的タイ事業:渡タイ(シャム)前の経歴と移民事業を中心に(下の1)」、『アジア太平洋討究』33号、2018年3月、153―204頁[21]

出典編集

  1. ^ 読売年鑑2018年版. 読売新聞東京本社. (2018). p. 380. 
  2. ^ 早稲田大学研究者データベース”. 早稲田大学. 2018年4月6日閲覧。
  3. ^ 『現代日本執筆者大事典 第五期 第三巻』 463頁. 日外アソシエーツ株式会社. (2015).
  4. ^ 『新訂現代日本人名録2002』 1069頁. 日外アソシエーツ株式会社. (2002).
  5. ^ 科研費データベース「村嶋英治」検索https://kaken.nii.ac.jp/
  6. ^ Scopus著者検索”. 2018年4月6日閲覧。
  7. ^ Google Scholar Murashima Eiji検索”. 2018年4月8日閲覧。
  8. ^ Waseda University Repositories”. 2018年4月6日閲覧。
  9. ^ Waseda University Repositories”. 2018年4月6日閲覧。
  10. ^ Waseda University Repositories”. 2018年4月6日閲覧。
  11. ^ CiNii図書・雑誌検索”. 2018年4月6日閲覧。
  12. ^ 国立国会図書館サーチ「村嶋英治」”. 2018年4月6日閲覧。
  13. ^ CiNii論文検索「村嶋英治」”. 2018年4月6日閲覧。
  14. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年10月1日閲覧。
  15. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年4月6日閲覧。
  16. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年10月1日閲覧。
  17. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年4月6日閲覧。
  18. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年4月6日閲覧。
  19. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年4月6日閲覧。
  20. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年4月6日閲覧。
  21. ^ 早稲田大学リポジトリ”. 2018年10月1日閲覧。

外部リンク編集